パソコン・スマホ×無料=無限大

パソコンやスマホを、無料で最高の使い勝手にする方法を、高校生のtaniが紹介します。

Windows8.1を仮想環境で使てみよう!

      2013/09/03

いやーー…暑いですねww

今回は、マイクロソフトさんの方で、試験版として無料公開しているWindows8.1を、

仮想環境を使って、簡単に使ってみたいと思います。

仮想環境を何度も火葬環境と打ち間違えましたねww

Windowsを燃やしてどうするんでしょうかw

では、解説いきます。

必要なもの

・Windows 8.1 Preview

・VirtualBox

です。

まずは、時間がかかるから、Windows 8.1 Preview からいきましょうww

 

Windows 8.1 Preview のダウンロード - Microsoft Windows

ここを開いて、

キャプチャ

試してみたいやつのダウンロードをクリックして、落してください。

僕が試したのは32bitです。

64bitのうごくとは思いますが…

おすすめは日本語です。

べつに、英語が好きな人は英語でも、韓流が好きだって人は、韓国語でも。

お好きにどうぞww

もちろん、ここでは日本語ベースに進めていきますけどね。

あと、プロダクトキーってのが上の方にあるので、メモっておいてください。

ダウンロードすると、日本語32bitなら、

WindowsBlue-ClientwithApps-32bit-Japanese-X1899618.iso

ってファイルがダウンロードできると思います。(ファイル名はどうでもいいんですがw)

これが保存できたら、Windows8.1のダウンロードは終了です。

次は、実行するための仮想環境いきます。

今回使用するのはVirtualBoxというやつです。

オープンソースの、無料の仮想環境です。

VirtualBoxVirtualBox ダウンロード - Oracle

ここを開いて、

キャプチャ

Windows版を落としてください。

んで、インストール。

でも…こーゆーの、あんまりインストールしたくないんだよなーって人は、

Portable VirtualBoxってのがあります。

VirtualBoxPortable-VirtualBox

英語なんですが、ダウンロードボタンは、右のメニューにあると思います。

セットアップについては、こちらをご覧ください。

Portable-VirtualBox 4.1.22 を使う - 電脳スピーチ blog

 

さて、セットアップ行きますか。

VirtualBoxを起動してください。

キャプチャ

こんな画面が出ると思うので、

左上の、キャプチャをクリックして下さい。

そして、名前は好きでいいですが、

他は揃えてください。

キャプチャ

次へ行って、メモリーの容量なんですが、

キャプチャ

環境に合わせてください。

個人的には、2G(2048M)はほしいかと…

ここは個人の判断で。

そして次へ行って…

仮想ハードディスクは新しく作っちゃってください。

キャプチャ

基本的には、作成をおし、次へ、次へ、作成で、新しい仮想マシンが完成だと思います。

キャプチャ

そしたら、新しい仮想マシンを右クリック→設定。

ストレージのタブを開く。

キャプチャ

Controller:IDEの横にある、左側の+ボタン(赤丸)をクリックし、

ディスクを選択の、先ほどダウンロードした、Windows8.1のインストールファイルを選択し、

OKして下さい。

そしたら、作成した仮想マシンをダブルクリックして、起動してください。

キャプチャ2

キャプチャ

インストールしてください。

インストールの仕方は、直感でww

わかんなかったら検索すれば、ボロボロ出てくると思うよ。

そして、インストールが終わって、正常にWindowsが起動したら、

一度、シャットダウンをしてください。

シャットダウンの仕方が分からなかったら、

ゲストOSを選択状態でAlt+F4を押せば、シャットダウンできると思います。

そして、その仮想マシンの設定→ストレージで、

WindowsのインストールCDを除去してください。

これで、完了です。

Windows8.1を思う存分、堪能して下さい。

 

キャプチャ

キャプチャ

 - 技術的なお話